会社情報

会社名株式会社オネヤマ
代表者小根山 至
住所〒 940-0013 新潟県長岡市原町2-3-16
連絡先TEL:0258-24-3874
FAX:0258-24-5937
資本金1,000万円
従業員数5名
事業内容普通鋳鋼及びステンレス鋳鋼、特殊鋳鋼品
溶断(ガウジング)、ブラスト整形
溶接補修
鋳仕上げ
鋳鋼品非破壊検査前みがき作業
主な取引先
(敬称略)
大平洋特殊鋳造株式会社
浅野金属工業株式会社
東京ロストワックス工業株式会社
古河キャステック株式会社
主要設備ガウジング機     DAIHEN MRA-1500 1台 / DAIHEN MRA-800 2台
溶接機        (半自動)DAIHEN ダイナオート XD500G 2台 / (Tig)DAIHEN インバーターエレコン 500P 2台
スインググラインダー 5.5kw 355φ/455φ 各1台
高周波グラインダー  富士製砥社製 多数
エアグラインダー   不二空機社製 多数
天井クレーン     2.8t 2台 / 2t 3台
4tトラック     1台

アクセスマップ

弊社の使用機材の一例


DAIHEN MRA-1500 1台

  • ダイヘン MRA1500
  • 300~1500Aの大電流を流してガウジング、ブラスチングが可能。
  • 定格使用率はなんと100%
  • 理論上は1500Aで一日中使ってても壊れないというモンスターガウジング機。

約30㎠以上のワークが連続している製品では800Aのガウジング機より1.3~1.5倍程度のスピードでガウジング、ブラストが可能になり、効率化が望めます。

メリット デメリット
とにかく早い!楽!
単純に時間短縮に繋げられます。しかし機器内部が暖まっていないと本来のパワーが出ません。立ち上がりが遅く、アークの安定性には若干欠けるところがあります。


DAIHEN  MRA-800  2台

  • ダイヘン MRA800
  • 100 ~ 800Aの小 ~ 中電力で使用。
  • 定格使用率は80%

比較的小 ~ 中程度の大きさのワーク(10 ㎠ ~100 ㎠ )に使用。
アークの一発一発が細かいので、ギリギリを狙って切断できます。

メリット デメリット
小電流でも比較的電流が安定しているので、精密鋳鋼の切断ではこちらが有利です。
定格80%ですので無理はききません。


ダイヘンXD500G 2台

  • ダイヘン XD500G
  • 半自動溶接機(CO2、MAG)
  • 基本的なソリッドまたはフラックスワイヤーを使用した半自動溶接であれば未だに現役。
  • ガウジング機能付き。サイリスタ方式なので頑丈です。

鉄、軟鋼、高張力鋼の溶接補修で使用。ステンレスでも使用できます。

メリット デメリット
鋳鋼の溶接補修では基本的な機能がついていれば十分ですので、比較的安価に購入でき、コストダウンに繋がります。ただ、ワイヤーにはある程度コストをかけたほうが、良い結果になりやすいと思います。
すでに生産中止の溶接機ですので、部品等、メーカー在庫が無くなった時点で現行機へ交換が必要。


ダイヘンAVP500 2台

  • ダイヘンAVP500(インバーターエレコン)
  • TIG溶接機
  • 言わずと知れた名機。鉄、アルミ、ステン、チタン等基本的になんでも可能

主にステンレス系鋳鋼の溶接補修で使用。

メリット デメリット
比較的精密さを要求され、確実に仕上げたい箇所では必須です。ですが、半自動溶接に比べて時間はかかります。こちらも既に生産中止機器です。


スインググラインダー 2台

  • スインググラインダー
  • ホイストに吊り下げて自由に移動が可能。
  • モーター5.5kw
  • シャフト径50mm
  • 直径355~455mm、厚さ38mm ~ 50mmのスインググラインダー用の砥石が使用できます。
  • 画像には載せておりませんが、355Φ専用機がもう一台ございます。

メリット デメリット
小回りは効きませんがその分、製品のセキ、押し湯部をパワフルに短時間で除去できます。


グラインダー

  • 各種グラインダー
  • エアグラインダー
    不二空機社製
  • 高周波グラインダー
    富士製砥社製
  • 画像手前の100Vストレートグラインダはサンコーミタチ社製の「MSS65AC」

鋳物のバリ取り、整形仕上げには欠かせない道具。「手持ち」という特性を活かし、ほぼ全ての作業で使用します。


オフセット砥石

  • オフセット砥石について

高周波グラインダーに取り付けるオフセット砥石は9割が「株式会社エラステック」様のX3シリーズ(#24)となります。
このX3シリーズが最もバランスが良く、今ではなくてはならない相棒となりました。

もう一点、「ニューレジストン株式会社」様にお願いして弊社専用の特注砥石を製作していただきました。かなりピーキーな性能ですが、「短時間で広い範囲を平らに削る」という点においては最高性能ではないかと思っております。


精密研削には「クレトイシ株式会社」様のてんとう虫シリーズを使用しています。
その他、フラップホイールや、軸付きカートリッジロール、ディスクペーパー等も使用実績がございます。


軸付き、平型、砲弾砥石

  • 素材、形状について

様々なワーク形状に対応する為、10φ〜100φの「軸付き、平型、砲弾砥石」を使用しています。

砥材は多くの砥石でAZ(アルミナジルコニア砥材)となっています。
数ある砥材の中で、「ステンレス鋳鋼の研削」であれば、(研削力、耐久、コスト)の3点で、AZ砥材が最もバランスが取れております。

弊社では#24の砥石は全てAZとなっておりますが、鋳肌を整える作業では、砥材A#36〜#60の場合もあります。

「軸付き、砲弾、平型砥石」は全て「株式会社菅沼砥石製作所」様から製作していただいております。

また、ワークによっては超硬バーを使用する場合、すべて「株式会社ムラキ」様のHDシリーズを使用しております。

お問い合わせ

    弊社では一般的なSCS13の他、耐熱鋼、ハイクロム鋳鉄、ハイマンガン鋼、炭素鋼、ハステロイ等様々な作業実績がございます。
    鋳物の仕上げに関してのお困りごとは、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

    必須お名前
    必須フリガナ
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    任意貴社名
    必須ご希望の連絡手段
    必須お問い合わせ項目
    必須お問い合わせ内容

    株式会社オネヤマのプライバシーポリシーに同意する。